前へ
次へ

お葬式に乳児を連れていくかは立場や状況による

お通夜やお葬式はしめやかな場ですから、誰もが静かに参列をするものの、小さな赤ちゃんがいる場合は、連れていくべきか迷います。
まだ何もわからないのですから、葬儀の際に泣いてしまうこともあれば、急にぐずりだすことだってあるので、周囲に迷惑をかけるため誰かに預けるケースは多いです。
ですが赤ちゃんをお葬式の時に誰かに見ていてもらってお留守番をしてもらうか、連れていくかに関しては、立場や葬式スタイルにもよります。
公的な乙居合の間柄だとか、金銭が絡むビジネス関連のつながりの場合は、乳児は一緒に連れていくべきではありません。
親せきや身内などで乳児連れでも、特に差支えがないパターンや、故人が赤ちゃんに会いたがっていたとしたら、それは連れていくべきです。
現代ではお葬式のスタイルも多様化しており、大きな葬儀を出すのではなく、本当に身内だけの小さなお見送りをするケースも増えているので、礼儀を逸しないようにすれば、親族からの反応も悪くはありません。

Page Top