前へ
次へ

訃報が届いたときの注意点について

訃報が届いた時には、一刻も早く駆けつけたいと考える人もいますが、親しい方の場合でも、深夜の弔問は遠慮しておくべきです。
それ以外にも、電話をかけてお悔やみを述べるというのも控えておくべきです。
葬儀を控えた遺族は家族を亡くした深い悲しみの中で、葬儀のことも考えなくてはならず、かなり忙しいタイミングということは確かであり、そんなときに電話をかけてお悔やみを述べるのは、非礼に当たってしまいます。
参列の際に直接お伝えすることがマナーですが、参列できないという場合には電話をかけるのではなく弔電を打つようにしておきましょう。
葬儀前の喪家は、想像以上に忙しい喪よであり遺族も疲れているので、そこへ長居をするのはもちろんマナー違反です。
近場に住んでいる場合でもお悔やみの言葉を述べて、早々に引き上げることが気遣いです。
近親者や親しくしていた人や近所の場合には、手伝えることがないかを聞いて、あれば手伝うのも一つのマナーです。

Page Top