前へ
次へ

お悔やみの言葉のマナーについて

訃報が届いて通夜や葬儀に足を運ぶ際には、ありとあらゆるマナーに気をつける必要があります。
身だしなみに関しては事前に調べてマナー違反にならないように気をつけるだけで良いですが、当日参列した際には立ち振る舞いなどのマナーに気をつけなくてはなりません。
その中でも、お悔みの言葉を挨拶として伝える時には気をつけましょう。
お悔やみの言葉は、故人と弔問する側の関係によって違いもありますが、遺族の気持ちを思いやり、手短に簡潔に故人の冥福を祈る言葉を述べるということが基本となっています。
お悔やみの言葉は、近親者や親戚といった親しい関係であったとしてもきちんと述べるのが礼儀でありマナーです。
故人と親しくされていた場合には、手伝うことはないのかも聞いておくことが大切です。
長く話し込んだり、亡くなった理由を聞くことは大変失礼でありマナー違反になるので、挨拶は受付でさっと伝える程度にしておくことが大切ではないでしょうか。

Page Top