前へ
次へ

葬式の際の香典のマナーについて

葬式に参列することは、長い人生の間でもそう頻繁にあることではありませんが、参列するとなれば基本的なマナーには気をつけておく必要があります。
香典を持って行くことになりますが、通夜と告別式の両方に参列する場合は、どちらで持っていかなくてはならないという決まりはありませんが、通夜のときに持参するほうが自然となります。
通夜に持参した場合には、告別式に重ねて持参する必要はありません。
この場合には、告別式では記帳だけして起きましょう。
告別式で香典を渡す時に受付がないという場合には、喪主や遺族などにお悔やみを述べながら直接渡すことになります。
ふくさに包むのもマナーであり、不祝儀袋を相手から文字が読めるように正しく向けて差し出しましょう。
一昔前は香典には新札は使わないとされていましたが、近年では新札を使用して折り目をつけて包むということも増えました。
故人との関係や社会的な立場によって包む金額にも違いが生まれます。

Page Top